女性の場合は風俗の仕事をすれば稼げる

外国の出来事のように思っているかも知れませんが、日本でも確実に格差社会が問題になっています。

アベノミクスで給料やボーナスが上がったという話も聞きますが、それはあくまでも一部の富裕層のみでアベノミクスで騒がれている裏では給料が減ったという人も大勢いるのです。

女性の場合は風俗の仕事をすれば稼げるという頭があるので、涙を飲んで風俗で働き始める女性達も増加しています。

格差社会で人並みの生活、もしくはそれ以上の生活になるには風俗で働くくらいしかないのです。

風俗の仕事をすれば今までより稼げるようになるのは確かですが、実は風俗嬢の間でも格差社会みたいなものがあるのです。

地方と都会、激安店と高級店の格差というのは勿論ありますが、同じ店で働く女の子同士であっても大きな所得の差が生まれているのです。

ノルマがあるというわけではありませんが、この仕事は出来高制です。

お客さんの相手を沢山すればお金も沢山入りますが、殆ど相手にしない子はお金もあまり入りません。

あまり稼ぐことが出来ない子は他の店に移ったり、出稼ぎなどをして稼ごうとしているのです。

所が、また別の店でも当然女の子同士の格差がありますから必ずしも満足いくような稼ぎが得られるというわけではありません。