長野の高級デリヘル店は凄く良かったです♪

先週の日曜日に自分は、高級デリヘル業者へと、電話を掛けて行き、自宅マンションに高級デリヘル嬢を、手配してもらった体験があります。

この時に自宅へと訪ねて来た、23歳の若い高級デリ嬢の女性から、色々なタイプの性的プレイなどを、たっぷりと実施してもらった事があるんです。

その際では1時間→1万6千円、1時間半→2万2千円、2時間→2万8千円と設定されていました。

自分は人生で初めての高級デリヘルサ-ビスであった為、せっかくの記念だからと思い、1時間半→2万2千円のコ-スを積極的に選んで行く事にして、実際に提供してもらう事にしました。

高級デリヘルメニューの中で、特に刺激的であったのが、高級デリ嬢の女性の巧みな舌使いなどにより、ベロベロと下品な音を立てて、ネットリと舐め回して行く、<玉舐め>と言われる、基本オプションでありました。

<玉舐め>の基本メニューが驚く位に気持ち良すぎたので、以降での手コキプレイを迎えた時では、自分のチンチンは、更にビクンビクンと大きく反応を示し、フル勃起している状態でありました。

そうした影響などから、上手く持ち堪える事自体が、次第に困難な状況へとなってしまいました。

なので自分はチンチンから物凄い量のザ-メンを、勢い良く噴き出してしまいました。

高級デリヘルプレイが全て終了した以降には、何だか身体がめちゃくちゃ軽くなり、とても清々しい気持ちへと、完璧に生まれ変われたりしました。

ですのでその際に相手してくれた、高級デリヘルの女性には、非常に感謝している位なんです。


長野の高級デリヘル業者はとても楽しめた!

私はこの前、高級デリヘル店を利用して、物凄くイヤらしい一時などを、デリヘル嬢から、きちんと提供してもらった経験があります。

その際に滞在していたラブホテルにより、60分⇒17,000円のコ-スを進んで選択して行きながら、配達されて来た高級デリ嬢の女の子と一緒に、数々のエッチなプレイなどを、順調に仲良く孰して行きました。

この時かに私は、有料メニューとして設けられていた、≪バイブ≫と ≪パイズリ≫の性的サ-ビスなどを、予めちゃんと付け加えておりました。

その為バイブを高級デリ嬢のピンク色をした、アソコの中へとしっかり挿入して行き、この状態によって、様々な種類のエッチなプレイなどを、思う存分にエンジョイする事が出来ました。

予約する時に、指名を入れた訳では決してないのですが、何故だかオッバイが非常に大きい、高級デリヘル嬢の女の子でありました。

≪パイズリ≫の有料メニューを頼んでいた為、どうやら受付の男性スタッフが機転を利かして、胸がデい高級デリヘル嬢を、上手く向かわせてくれたようでした。

1番最後に高級デリ嬢の女の子のオッバイへと、私はビンビンに勃起した、オチンチンを、キレイに挟んでもらい、その状況のまま、≪パイズリ≫をじっくりとやってもらいました。

この子の胸の中が、びっくりするほどに柔らかくて、高い快楽などを、充分に得る事が出来ました。

オチンチンを激しく扱いてもらう事によって、段々と我慢する事が不可能になってしまいました。

最終的には、制御する事が全く出来なくなってしまい、 オチンチンの中から、数多くの精子などを、勢い良くドバッと射精してしまいました。

以降では日頃の性欲などを、確実に満たせたので、高級デリヘル店を利用して、大正解であったのだと、強く思っている位なんです。


私好みの力加減で、90分で2回も絶頂してしまいました。

この前利用した長野の人妻デリヘルは90分コースでした。ホテル代は別でしたが、デリと提携しているホテルを紹介してくれたので割引がありました。受け付けの男性は特に笑顔で電話に出るとかいうわけではありませんでしたが、こちらが料金の質問をしたり、どんな子がいいか迷っていると詳しく説明してくれたりなど的確な返答がありました。なので分かりやすいデリだと思います。

女性がホテルに着き、コーススタートという電話をすると90分が始まりました。女性は、写真よりも劣るとかきれいだとかいう感じは一切ありません。雰囲気通りという感じで、予想していた通りでもありました。写真と実物のギャップがないので、そのままチェンジなしのスタートです。

女性のテクニックの感想は、良い腕加減でした。私好みです。キスで舌を入れてくれましたが、ほどよく力強かったです。舌ベロがほどよく蛇に巻き付けられているような感じで、濃厚ながらもイヤミがありませんでした。

ハンドプレイも、ほどよい力加減でした。締め付けるわけでもなく、ゆるいわけでもなくです。そんなプレイに私は我慢できるわけなく、ハンドで絶頂を迎えてしまいました。

そして一旦は休憩です。第2ラウンドまで回復させて、第2ラウンドもしっかり絶頂を迎えました。口のプレイも申し分なく、これまた蛇に巻き付かれるようなほど良い力加減でした。そのため、絶頂を迎えるに当たり苦労したとかいう事はありませんでした。